Products製品のご紹介

楽譜台紙シリーズ

スコアカバー

楽譜台紙シリーズ スコアカバー

音楽教室の先生と生徒さんのために、
1曲分の楽譜を綴じられる台紙を仕立てました。

誕生のきっかけ

音楽教室に通う方は、先生からコピーした楽譜をいただいたとき、どうされていますか?厚手の台紙に貼り付けようと思っても、ちょうど良いサイズの紙がなくて、困っている方が多いのではないでしょうか。 簡単にきれいに楽譜を貼れて、持ち歩くのに軽い台紙があったらという思いから、このシリーズが誕生しました。

開発者が語るこだわりのポイント

楽譜よりもちょっとだけ大きい。
市販の定型用紙ではできないサイズです。

「楽譜台紙シリーズ」を開発したのは、ピアノに通う娘をもつスタッフです。
先生からいただいた1曲分の楽譜をスケッチブックに挟んで持ち歩くのは、重くて不便。それなら厚手の紙を台紙にと考えましたが、A4サイズの楽譜を同じA4サイズの台紙にそのまま貼るのは難しく、また、台紙を二つ折りにしたときに楽譜の端が少しはみ出してしまったりと上手くいきません。
それというのも、市販されている紙はA4やB4のようにサイズが決まっているのです。お教室の先生はA4サイズの楽譜をくださることが多いので、それよりもひと回りだけ大きい台紙を作るためには、自分で紙をつぎはぎで作ったり、楽譜の方を五線譜ギリギリまでカットしたりする必要があります。
そこでパペティエールでは、定型サイズではなく、パペティエールだけの特別なサイズに断裁した紙を使って「楽譜台紙」を仕立てることにしました。
お子さまに限らず、大人の方も記念の曲や書き込みをたくさんした思い出の曲を貼っていただけるように、シックで風合いのある紙をセレクト。
のりやテープで貼ると楽譜にシワがよって困るという声をリサーチの中で聞きましたので、楽譜の四隅を挟み込めるようなポケットシールをつけました。

ここがポイント

  • ◎台紙のカラーは、楽譜が映えるシンプルな濃い色を揃えました。
  • ◎軽くて持ち運びやすい厚さですが、少しでも丈夫でコシを感じる紙を選びました。
  • ◎サイズは4種類。楽譜1枚用、2枚用、3枚用、4枚用からお選びいただけます。
  • ◎楽譜の四隅をはさむポケットシール付きなので、簡単にお使いいただけます。

お客様の声

  • ◎もらった楽譜をそのまま貼れてとても便利!(バイオリンを習っているお客様)
  • ◎色が黒だけじゃなくて素敵だし、子どもが自分でシールを貼ったり、絵を描いて、自分だけの楽譜が作れて喜んでます。(ピアノ教室に通う保護者のお客様)
  • ◎貼り方を工夫すれば長い曲の楽譜にも使えそう。(ピアノ教室の先生)

数量限定台紙「いまだけ仕立て」高級感あふれる数量限定台紙「いまだけ仕立て」

楽譜台紙「いまだけ仕立て」エメラルド

これからの季節にピッタリのお色、「エメラルド」の楽譜台紙を数量限定でお仕立てしました。
しっかりとしたエンボス加工の紙ですので、パッと華やいだ色でも落ち着きのある印象です。
斤量は、定番の楽譜台紙より約1.5倍の210kgと、しっかりとした厚さがあります。
1枚用〜4枚用まで各1枚ずつ揃えた「いまだけセット」もご用意しました。
大切な楽譜はもちろん、思い出の楽譜の保存、プレゼントにもどうぞ。
*紙の色味、質感、エンボスに表裏差はありません。

オーダーメイドの楽譜台紙を仕立ててみませんか?

オーダーメイド楽譜台紙

パペティエールでは1000種類以上の紙から、色・音楽教室のロゴ印刷などをオリジナルでオーダーできる、まさにオリジナル楽譜台紙のお仕立てが可能です。
使用目的に最適な紙・色・加工などを、プロフェッショナルが提案させていただきます。
絶対に満足いただける、最高の楽譜台紙を作るお手伝いをさせてください。

よくあるご質問

  • 楽譜をきれいに貼るコツを教えてください。

    楽譜の4角を付属されているポケットシールに入れることで、楽譜全面に糊やテープを貼らなくても楽譜台紙を貼ることができます。楽譜上下の中心に10cmほど糊づけすることで、よりきれいに貼ることが可能です。

  • 楽譜台紙は繰り返し使えますか?

    楽譜台紙に使用している紙はできるだけ丈夫でコシの強いものを選んでいますが、楽譜を貼り替えての再利用や永続的な繰り返しのご利用を想定して仕立てられていません。特に糊づけされた楽譜の貼り替えは、楽譜台紙や楽譜の破れ・耐久性の劣化などを招く可能性もあるため推奨していません。より長くご使用いただきたい場合は、通常楽譜台紙と比べ約1.5倍の厚さの紙で仕立てた数量限定台紙「いまだけ仕立て」をおすすめしています。

  • 楽譜台紙の厚さはどのくらいですか?

    楽譜台紙を仕立てている紙は斤量135kgという厚さとなり、官製ハガキと同じくらいの厚さです。しかし、紙の質感の違いなどで手で感じる厚さには個人差があります。また、楽譜を実際に貼ることで想像以上に厚さと重みを感じる仕上がりとなります。より厚みのある楽譜台紙をご希望の場合、通常楽譜台紙よりも厚い斤量210kgの紙で仕立てた数量限定台紙「いまだけ仕立て」をおすすめしています。

  • 楽譜台紙のカラーバリエーションを増やす予定はありますか?

    現在は定番の4色からカラーバリエーションを増やす予定はありませんが、生産状況などにより、新色の追加や既存色の廃盤など現在のラインアップから変更になる可能性もあります。なお、数量限定台紙「いまだけ仕立て」は現在発売中のものが完売する毎に、色・紙の種類が変更され新しい「いまだけ仕立て」となって発売されます。

  • 5枚以上用の楽譜台紙を作る予定はないのでしょうか?

    申し訳ありませんが、現在5枚以上に対応した楽譜台紙はお作りする事が出来ません。楽譜台紙シリーズは1枚の紙で仕立てるため、日本の製紙メーカーが製造する紙サイズでは最大で4枚用までしか仕立てることができません。パペティエールブログにて楽譜台紙を蛇腹折りに繋げてお使いいただく貼り方のご提案を掲載していますので、参考にしてみてください。

楽譜台紙シリーズ紺色の紙が変更になります
(2015年3月12日掲載)

現在採用している紺色の紙が廃盤となるため、紺色のみ各サイズの現在庫が終了になり次第、濃むらさき・濃ピンクと同じ紙へと順次切り替えさせていただいております。発色・質感・使用感など問題無くお使い頂けますのでご安心下さい。